ビオテラスcセラムとニベアの画像

40代スキンケアマニアの私が、ビオテラスCセラムの使い方の裏技についてお伝えします。

結論から言うと、ビオテラスCセラムにニベアを重ね塗りすると効果的です。

ただし、ニベアと合わせる際は注意すべき点もあるので詳しく説明します。

この記事を読めば、ビオテラスCセラムの効果をさらに引き出すことが可能です。

ニベアと混ぜるとパック効果が期待できる

Cセラムとニベアを混ぜることで、お肌のシミ・キメ・トーンへの効果が期待できると話題になっています。
下記に一例を挙げます。

(前略)

私のおすすめのとっておきの使い方なんですが、Cセラムとニベアを混ぜると高級クリームよりも効果的に美容・保湿ケアができます!
手のひらでニベアとセラムCを2~3滴垂らして混ぜて肌になじませてパック完了すると、翌朝、シミが薄くなってるし、肌のキメも規則正しく整う感じがします。シミにくわえて、肌全体のトーンが上がり肌がつるピカになるので、10歳は肌年齢が戻ったと思います。
もうCセラム手放せません。

引用:VIOTERAS(ヴィオテラス)Cセラム美容液ってどうですか? – 私… – Yahoo!知恵袋

確かに、ニベアパックは効果があるという声は多いです。
(参考:ニベアパックは本当に効くのか!?をガチ検証|【ニベア青缶】のクリームで2週間スキンケア【ビューティニュース】|美容メディアVOCE(ヴォーチェ)

効果の理由は、ニベアクリームの主成分であるミネラルオイルです。
ミネラルオイルは肌の保護機能が高いので、水分の蒸発を防いで美容成分の浸透をうながす効果が期待できます。

また、プチプラ価格のニベアクリームを足すことで、Cセラムの消費量を抑えられるので経済的でもあります。

ただし、ニベア自体には微量の防腐剤が含まれています。
なので、はじめて試す場合は念のため顔以外の部分でテストをした方が良いです。

混ぜるよりも「重ね塗り」が効果的

ビオテラスCセラムの上にニベアを塗った場合はビオテラスの成分がぜんぶ浸透するが、ビオテラスCセラムとニベアを混ぜた場合はビオテラスの成分が肌と接した分しか浸透しない。
↑塗る順番によるパック効果の違いの図

もしパック効果を狙うなら、ビオテラスCセラムの上にニベアを重ねて塗るほうが効果的です。

なぜなら、混ぜてしまうとビオテラスCセラムの成分は肌と接した分しか浸透できません
ニベアクリームは肌に浸透しないからです。

しかし、重ね塗りならば、先に塗ったビオテラスCセラムの成分は、全て肌に浸透させることができます。

さらに、上からニベアクリームを重ねることで、水分の蒸発防ぎ、保湿力が高まります。
その結果、肌のターンオーバーの促進につながり、ビタミンCの効果アップが期待できます。

とくに、空調で乾燥がひどい季節に有効なテクニックです。

ニベアパックの正しいやり方

ニベアパックの具体的な手順については、下記の動画(長さ:1分52秒)が人気です。

 

動画を要約すると、以下の3ステップになります。

  1.  ニベアクリームを手のひらに取る
  2.  顔全体に優しく伸ばす
  3.  10分ほど待ってから、洗顔料を使って洗い流す

ニベアとビタミンCを混ぜる場合は、1のステップを下記のように変更してください。

  • ニベアクリームを手のひらに取り、2~3滴のビタミンCを混ぜ合わせる

    ビタミンC誘導体には粉末タイプもありますが、クリームに混ぜると固くなってしまいます。
    これだと、顔に塗る際に皮膚への負担になる可能性があります。

    その点、ビオテラスは液体タイプなので、ニベアクリームとの混ざりも良く、肌への負担もありません
    液体タイプのビタミンC誘導体をまだ持っていない方は、一本手元に置いておくと重宝します。

    ニベアパックの注意点は2つ

    1.  週に1~2回程度にする
    2.  長時間塗ったままにしない

    ニベアパックは毎日やるのではなく、週に1~2回程度のスペシャルケアとして取り入れるのがおすすめです。

    なぜなら、頻繁にパックでお肌をふやかすのは、バリア機能の低下につながるからです。

    同様の理由で、長い時間パックしたままにするのもNGです。

    このデメリットは、ニベアに限らず全てのフェイスパックに共通して言えます。
    その証拠に、市販のフェイスパックには必ず「使用時間が指定」されています。

    しかし、短時間のケアでも効果をアップする方法があります。

    それは、より高機能なビタミンCを使うことです。

    シリーズ最高峰の「ビオテラスHSCセラム」なら、シミ・シワ・肌のトーンアップに効果が期待できます。

    Cセラムよりも高機能なので、短時間のスペシャルケアに最適です。

    「Cセラム」と「HSCセラム」の比較

    Cセラム HSCセラム
    商品画像 ビオテラスcセラムの商品画像 ビオテラスhscセラムの商品画像
    内容量 20ml(約1ヶ月分) 20ml(約1ヶ月分)
    通常価格 8,778円(税込)+送料330円 13,200円(税込)+送料660円
    定期コースの有無 有り 有り
    定期コース初回価格 3,278円(税込)+送料無料 4,378円(税込)+送料無料
    2回目以降の価格 6,584円(税込)+送料無料 8,052円(税込)+送料無料
    定期コースの解約条件 無し(いつでも解約可能) 無し(いつでも解約可能)
    特典 サンプル(3回目に同梱) 豪華美容サンプル(2回目・3回目に同梱)
    主な成分の特徴 ・3種類のビタミンC誘導体10%配合
    ・コエンザイムQ10配合
    ・ヒト幹細胞培養エキス25%配合(業界トップ)
    ・ビタミンC誘導体配合
    ・EGF配合(ノーベル賞受賞成分)
    期待できる効果 ・シミ
    ・毛穴
    ・ハリツヤ
    ・透明感
    美白
    ・シミ
    ・毛穴
    ・ハリツヤ
    ・透明感
    シワ
    肌のトーンアップ(見た目年齢)
    化粧ノリ
    公式サイト ビオテラスCセラム公式サイト ビオテラスHSCセラム公式サイト

    HSCセラムは、Cセラムより月1,500円ほど高くなるのがデメリットです。

    しかし、その分、Cセラムにはないエイジングケア成分が含まれるのがメリットと言えます。

    まとめると、

    というように使い分けるとコスパが良いのでおすすめです。

    ただし、エイジングケアは早い年齢で始めるほど効果が高いです。
    参考:エイジングケアはいつから始めるべき?おすすめのタイミングを解説

    シリーズ最高峰のHSCセラムは高価ですが、月1,500円の投資で年齢の悩みをケアできるなら、検討する価値は十分でしょう。